営業職の育成

会社組織の中での営業職の重要性

営業職の人材を育成することは容易ではありません。 営業とは一般的にお金を稼いでくる人のことをいいます。会社組織の中では様々な役割がありますが、取引先へ行き契約を取ってくることで会社に利益をもたらす人のことです。 営業が売上を立てないと会社が成り立たないので、簡単な仕事ではありません。売上を上げれば昇格や昇給といった待遇に反映されますので会社にとって花形的なポジションである反面、仕事をしていく中で辛いことも非常にたくさんありますので、社員の育成にも気を配らなければいけません。 会社を大きくしたり待遇向上をするためには、活発に稼働し売上を上げることができる営業をたくさん育成する必要があり、また会社としての使命であるといえます。

会社の顔としての社員育成、成長について

営業職の育成方法は会社によって様々だと思います。 商品やサービスなどの知識をつけることは前提だとして、それらを販売するためには人とのコミュニケーション能力が不可欠です。 営業としてのセールストークのみでなく、社会人としての礼儀作法やマナー、会社の代表としてお客様と対話するための責任感も非常に必要なことです。 多くは経験によって培われることですが、先輩社員・上司は「学び方」を教えることが必要だといえます。 経験があるからこそ、言うだけではなく自ら実践する様をみせたり、案件を一緒に取り組むなど、経験によって得たものをあまり経験がない社員と一緒に体感することにより、社員の育成につながると共に自分自身への成長へと繋がると思います。