企業の内定者フォロー

近年、就職活動における内定率は低くなっており、学生や転職者を取り巻く環境は厳しい状況となっています。その中で、複数の企業を受験する人が増えている傾向にあります。人によっては複数の企業からの内定をもらうことになります。 採用活動を行う企業側は、内定を出した人をいかに自社に入社するまでフォローするかが重要となっています。 内定者フォローについては、その会社で働く従業員が実施するケースが増えています。それぞれの内定者に対して、1対1でフォローする担当がつけられ、入社までの期間の対応をします。内定者から出てきた不安の相談に乗るなどの対応がされています。職場の環境や、仕事におけるやりがい等についても伝えられます。

企業からの内定後、内定者フォローを受けることができるかについては、個別にそれぞれの企業に確認が必要です。 確認方法としては、就職活動の説明会や面接の中で直接、採用担当者に問い合わせることができます。確認する際には、具体的にどのような内定者フォローを求めているのかを明確に伝える必要があります。企業側も入社後の離職を防ぐため採用前には十分な情報を提供しますが、受験者側からの要望をきちんと伝えることが大切です。 もしくは、企業の採用のホームページを調べると、内定から入社までの期間の内定者フォローについて説明しているところもあります。記載内容についわかりづらい場合は、内容についてホームページから担当者に問い合わせることもできます。